果汁グミでグミトーストを作って食べてみました


先日、コロログミの白ワイン漬けに挑戦しましたけれども、とても美味でございまして、大興奮冷めやらぬ今日この頃でございます。

そんな中、どうやら、ネット上では「グミトースト」というものが噂になっているとの情報を、わたくし、キャッチいたしました!パチパチ(遅い)

グミフェチ果汁グミトースト_001

<材料>
・ヤマザキ ロイヤルブレッドゴールド(近くのスーパーで安かった)
meiji 果汁グミ ぶどう(近くのスーパーで安かった)
meiji 果汁グミ いちご(近くのスーパーで安かった)

参考にした・・・というかグミトーストの事を知った動画がこちら。

この、こうじょうちょーさんはチュッパチャップスグミを使っていましたが、味的に結構冒険になるんじゃないかな?なんて思いました。なので、僕はイチゴジャムやブルーベリージャムあたりの安全な味になるであろう果汁グミのぶどうといちごを選びました。あと、近くのスーパーで安かったし。

グミフェチ果汁グミトースト_002

ズラッと並べましたけれども、この食パンの上に果汁グミが並んでいる異質な風景、なにこれ・・・。左半分をいちご、右半分をぶどうにしました。この状態でトースターで約3分焼きました!

Google Ads

グミフェチ果汁グミトースト_003

見た目は、パンにジャムを乗っけた感じで普通。

味は、いちごはちょっと酸っぱいいちごジャム、ぶどうはちょっと酸っぱいぶどうジャムでした。美味しかったというか、ほんとにジャムそのものです。考えてみれば、グミはジャムの材料とそんなに変わりないので当然っちゃー当然ですけど。ちょっと無難な味に走り過ぎちゃったかもしれません。こうじょうちょーさんのようにジャムになった場合の想像がつかないグミでやった方が面白いかもしれません。さすが、現在人気上昇中のYouTuber。目のつけ所が違います。

あとは、このグミトースト、いくつか注意点ございます!

<注意点1> とっても甘いです!

多分、僕、グミ乗っけすぎてます。甘い!とっても甘い!口が焼けるように甘いです!もう少し乗っけるグミの量を減らして、溶かしてからのばすくらいがちょうどいいです。まあ、画像で見た感じでおわかりいただけると思いますが、あれだけたくさんのジャムを塗ったら普通に甘いよねっていう感じになってますよね。。。

<注意点2> とっても熱いです!

熱い!とっても熱い!口が焼けるように熱いです!非常に強力なトロみがありますので、熱さがハンパないです。いうなれば高温状態の水飴!気をつけて食べないと火傷します。溶けたグミをのばす事で、ある程度熱さもやわらぐと思うので、やっぱり甘さの問題と同じく乗っけるグミの量はもっと減らした方がいいですね。あとはしっかりフーフーして食べること。

<注意点3> グミ選びは冒険したほうがいい!

僕みたいに無難な「いちご」や「ぶどう」などという味ではなくて、こうじょうちょーの動画のように味の想像がつかないグミを選んだ方が楽しいと思います。「いちご」や「ぶどう」だったら、ふつうにジャム買えよってことですからね。ジャムとして売っていないフレーバーに挑戦することに意義があると猛省しておるところです。

以上、グミ大好きグミ助より、「グミトースト」レビューでございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です