東京タクシー物語 第2話「自惚れすぎて危険な運転手」

僕「◯◯駅までお願いします。」

運転手「◯◯駅ですね~。かしこまりました〜!」

最近は道を知らない運転手さんが多いですがこの時の運転手さんは知っているようで安心しました。

運転手「私はね~このへんすごい詳しいんですよ~。
だから安心してくださいね~。」

と、華麗なハンドルさばきで裏道的なところをビュンビュン飛ばします。

運転手「ほら、ここを抜けると△△通りに出て近道なんですよ。
ほら~お客さんも安心ですよね~。私に全部任せてくださいね~。」

と、華麗なハンドルさばきで超細い道をビュンビュン飛ばします。

運転手「お客さんも安心でしょ!?
こんなに道知ってる運転手いませんよ!!」

と、華麗なハンドルさばきで影からいつ人が飛び出してくるかわからない超細い道をビュンビュン飛ばします。

運転手「こんな細い道、こんなスピードで走れるのは私ぐらいですよ!!
お客さんも安心でs

いつ人を轢くか気が気でございません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください