そこのオヤジ!若者の悪口はそこまでにしとけ!

ブランド物を欲しがらない。なりたい職業は公務員。高級スポーツカーではなくECOカーを選ぶ・・・。そんな現代の若者に対して夢が無いと言う残念な大人達が最近いますよね。

ブランド物を欲しがらず、公務員になりたくて、ECOカーを選ぶ若者がなぜ「夢が無い」若者になるのかさっぱりわからない。私には夢がありませんと言ってるわけじゃ無いのに、勝手に夢が無いことにして、「最近の若いやつぁ〜なさけねーなー」「夢がちっせーなー」「俺が若い時は〜…」つって、安い居酒屋でビール飲んでドヤ顔してる。

自分が夢を叶えられなかったからって、まだこれからキラッキラな未来が待っている若者を妬むのはやめろオッサン。お前らみたいな大人が若者の夢の邪魔をしている張本人であることに早く気付きやがれ。人の夢にデカイも小さいも無いんだよ。

自分の子供にもそんな事を言うのか?自分の子供が公務員になるっつったら全力で応援するくせに、自分に関係ない世間の若者には難癖つけて、自分の過去の栄光を自慢して何が面白いのか?そんな話、誰も聞いてない。聞きたくない。

若者達よ、こういう大人は絶対に相手にするな。意味のわからない判断基準で物事を語る人達に騙されるな。そんな人達にあなたの夢を語る必要はない。

今、夢を叶えて輝いてる人、いくつになっても自分の夢を子供のように語る人、そんな大人を見つけたら、あなたの夢を語ってみてください。きっと力になってくれるはず。そんな大人もたくさんいるから安心してください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です