ヒカキンが好きな息子の将来の夢

グミ助には6歳の息子ことチビ助がおりまして、先日、チビ助が幼稚園でやらかしましたよ。もうね、やることがグミ助にそっくりすぎてね、なんかわかんないんですけど、チビ助すまんっ!ってなぜか申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまったくらい。

あ、ごめんなさい。ご紹介が遅れました。私、ヒカキンが好きな息子とグミが大好きなグミ助です。

今日は
息子の将来の夢について
お話させていただきたいなと。

でね、何をやらかしたかっつうと、チビ助がね、幼稚園にある小さな池付近にたぬきの足跡を見つけたらしいんですよ。そのたぬきの足跡を辿っていったらたぬきが見つかるんじゃないかっつーことで、その足跡を辿っていったと。その足跡を辿ることに集中してたんでしょうね、途中で幼稚園の小さな池に盛大に落ちたみたいで。

たぬきの足跡を追って池に落ちるってどんだけかわいいねんと!お前はスタジオジブリかと!落ちてるどんぐり辿って行ったらトトロ見つけた的な?メイちゃんなの?あなたメイちゃんなの?なにそのかわいいエピソード!グミ助もしたい!そういうかわいい失敗してみたいよ!?

幸い幼稚園の人工的に作られた小さな池で怪我もなく大事にはならなかったのですが、かわいさ満開のエピソードにチビ助を力一杯抱きしめたよね。

そんなね、チビ助の将来の夢ってなんだと思います?

この春、チビ助は卒園でね、卒園アルバムに書く将来の夢を奥さんがチビ助に聞いたんですって。他のお友達は、サッカー選手とか、お店を作るだとか、中にはハンドメイド作家!なんていう女の子もいたりでね、みんなしっかりした夢を書くなかで、チビ助なんて言ったと思います?







ドラゴンって。

人間やめて、ドラゴンになって空を自由に飛びたいって言ったんですよ。やばい、まじファンタジー。俺の息子、まじファンタジーで生きてる。

奥さんが、他の子はしっかりしたこと書いてるのにうちだけ「ドラゴン」って書いていいのかどうか悩んでたのでグミ助いいました。ドラゴン上等だよつって。書け!チビ助!ドラゴンって!なろうぜ!ドラゴンに!

いやね、グミ助思ったわけですよ。「ドラゴン」の方がよっぽど子供の夢っぽくない?って。夢が人間の枠に収まりきってないわけですよ。夢スケールでかみ!大人になったら何になりたいか、幼稚園の時点でまともに答えるられることの方がグミ助には不自然に感じるところもあるんですよね。「夢」なので、どんな夢でも自由です。子供自身が発した夢についての言葉には絶対に親フィルターをかけちゃいけない。チビ助がドラゴンになりたいなら、堂々とそう書くべきだし、親はそれを応援するしかないんすよ。

なんでドラゴンになりたいの?って聞いたら、





カッコいいからって。


お、おう…。って言うしかないくらい、シンプル。あのiPhoneでさえ、シンプルさ忘れてない?ってなってる昨今、逆に見習うべきだと思う。続けざまに、どんなドラゴンになりたいの?って聞いたら、




赤いドラゴンって。


お、おう…。って言うしかn(略

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください