【超簡単】チョコをつつんだ ふんわりマシュマロでアメリカの伝統スイーツ「スモア」を作ってみた

グミ大好き評論家のグミ助です。

今回は
アメリカの伝統スイーツ「スモア」を手作りしてみました!

まずね、これ見てもらえます?

めちゃくちゃ美味しそうじゃないですか?甘いもの大好きな僕は思わず唸ってしまったんですよね。何これ、なんていう食べ物?どこに売ってるの?なんて思いながら悶々としてたらね、

ツイート主の天恵製菓の中の人さんが直々にレシピを教えてくださいましてね、なんて良い方なんだと。グミフェチのグミ助っていう訳のわからない名前の僕にご親切にレシピを・・・(涙を拭いながら)

Cpicon チョコマシュマロ スモア S'more by 天恵製菓

レシピを見てみると、こんな美味しそうなものがめちゃくちゃ簡単にできることを知って、これはもう作らなあかんと。作らずにこの先生きていくことは困難だと。グミ助そう思って、これもう作っちゃいます宣言したらですね、

天恵製菓の中の人さん材料となる「ふんわかチョコタン」の取り扱い店舗までご教示くださってね、グミフェチのグミ助っていう頭のおかしいネーミングの僕にご親切n(涙を拭いながら)

仕事終わりに会社最寄りのファミリーマートに飛びこみましてね、「ふんわかチョコタン」を血眼になって探したんですけど、無いの!どんだけ探しても無いの!あれだけメルヘンチックなかわいらしいパッケージならすぐに目に飛び込んでくるはずなのに無いのおおおっ!!!3件目のファミリーマートに向かう決意をした時にふと、これが目に飛び込んできました。

ほう・・・ほうほうほう・・・なるほど。ふむふむ。

これでよくない?

つって。もうこれでしょ?つって。「チョコをつつんだふんわりマシュマロ」ってまさに探してたものが一般名詞で構築されたタイトルでそこに売ってるわけですよ。材料としてはこれでOKでしょ?これ以上でも以下でもなくない?

なんとか自分を納得させようとしている中でふと頭をよぎるのが天恵製菓中の人さんの優しさに満ち溢れたツイートでしてね・・・。やっぱり「ふんわかチョコタン」じゃないとダメ・・・だよねっ!って。ここで挫けたらダメだよね天ちゃんっ!って。シレッともう天ちゃんってあだ名つけつつ、手に取った「チョコをつつんだふんわりマシュマロ」を棚に戻しました。その時に、僕は間違って裏っ返しに棚に戻してしまいました。

この商品は
(株)ファミリーマートと
天恵製菓(株)が
共同開発した
商品です。
(オルゴール調のBGMと共に)

天ちゃんっ!天ちゃんはそこに居てくれたんだ。そこで待っててくれたんだ。
常識を疑え。目に見えるものが全てではない。世界は君が思っている以上におもしろいぞ!天ちゃんがそう言ってくれてるように僕は思いました。

まずはそのまま実食。
あのね、これだけは言わせて欲しいです。声を大にして言わせていただきたいですぅ。

このままで全然っ美味いんですけどー!!!

マシュマロ部分は甘さ控えめで、中のチョコレートが濃厚でコクのあるお味。マシュマロとチョコレートとの味のバランスが絶妙でいくつでも食べられるっ!5袋ぐらい買っておけばよかった!スモア作る前にこれ全部食べてしまうんではないかと心配になるくらい手が止まらなかったです。マシュマロもふわっふわで、食べながら目を閉じると僕には見えました。「ふんわかチョコタン」のあのメルヘンな世界が。確かに見えたんです。(現実逃避ぎみ)

そんなこんなで、スモアを作りに移りたいんですけどね、そもそも「スモア」ってなんだってことですよね。「スモア」というのは、アメリカの伝統的なスイーツで、キャンプファイヤーで焼いたマシュマロをグラハムクラッカーで挟んで作られる人気のデザートだそうです!


リッツどん!


天ちゃんをオン・ザ・リッツ!(もはや、マシュマロそのものが天ちゃんに。)
そしてレンジで20秒ほど温める。


マシュマロがぷくーっつふくらんでほわっほわにっ!


さらにリッツをオン・ザ・天ちゃん!(なんかもう言ってる意味がわからなくなってきている)

もう、我慢ならないですよ。ガブッといきましたよね。できた途端にガブッといきましたけどね、まずね、リッツのサクッという食感の向こう側から、とろっとろな生クリームみたいになったマシュマロが溢れ出てくるんですよ。マシュマロが温められてほんのり甘さが増しててね、それがリッツの塩気と抜群にベストマッチ!(仮面ライダービルドより)この時点でもう至福の時間なんですけど、それに追い討ちをかけるように少しビターなチョコレートがひょっこり顔を出す訳ですよね。マシュマロをそのまま食べた時はマシュマロの甘さが控えめだったのでチョコが甘く感じたんですけど、スモアにするとマシュマロがあったまって甘さが増すのでチョコがすこしビターに感じられるんですよね。リッツの塩気とマシュマロの甘さ、そしてチョコのほんのりした苦味とコク。この3つの要素が見事に絡み合って、思わず目を閉じましたよ。この味を、この至福の時間を噛みしめるために、目を閉じましたよ。そしたらね、僕には見えました。「ふんわかチョコタン」のあのメルヘンな世界が。ええ、見えましたとも、僕には確実にm

ツイッターでの素敵なご縁がきっかけで、こんなにも美味しいスイーツに出会えたのはひとえに、ご親切にレシピやふんわかチョコタンの取り扱い店舗を教えてくださった天恵製菓株式会社の中の人のおかげです。ありがとうございました!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください