チョコレートなのにラムネ?禁断のショコラ ソーダ味(カバヤ)

禁断と言えば、グミ助が子供の頃ってお菓子を食べること自体が特別なことで、母親が食べていいっていう時に分け与えられる分だけ食べていて、いつでもなんでもどれだけでも食べられるものではありませんでした。その「許可」がない時にお菓子を食べるということがグミ助にとっては禁断だった時代があるわけです。そういう意味ではお菓子に「禁断」という言葉がついてるとなんかソワソワします。大人になっていつでもどんだけでもお菓子食べられるけど、なんか、ソワソワします。これはなんだろう、トラウマ?

“チョコレートなのにラムネ?” チョコレートのイメージにはない色、味、食感で、魅惑的な味わいのチョコレートです。さくさくほろほろのラムネをソーダ味のはじける食感のチョコで包み、ソーダパウダーをコーティングした、意外な組み合わせです。
公式サイトより引用)

グミフェチだけど、ラムネも大好きグミ助です。

今回は
チョコレートなのにラムネ?禁断のショコラ ソーダ味(カバヤ)
のご紹介です。


この禁断のショコラは2013年から4年間、季節限定で販売されており、今年も秋の新商品として販売開始したとのことです。
凛としたこのきれいな丸みと潔さ。側からは全く見えないこの禁断のショコラの本当の姿をこのグミフェチで赤裸々に語ろうと思う。


と言ってる矢先にこのようなしっちゃかめっちゃかな断面になってしまってごめんなさい。潔い丸みを帯びた姿台無しだねっ!

酸味のあるソーダ味のチョコレートの中にほろほろラムネと口の中でパチパチはじけるキャンディチップも入っていて、外観からは思いもよらない激しい姿をこの禁断のショコラは見せてくれます。すっごい清楚なんだけど、実は大胆みたいな。(いろんな意味で)

チョコレート甘さとソーダの酸味のバランス抜群でめっちゃ合います!今流行りのチョコミントに通ずるものがあるかもしれないですね。グミ助、チョコミント苦手なんですけどね。チョコミント好きの女性は絶対これも好きだと思います。だからパッケージもどちらかというと女性ターゲットであることが伺えるデザインになってますね。グミ助の奥さんにも食べさせてみよう!

商品名禁断のショコラ ソーダ味
製造メーカーカバヤ食品株式会社
内容量30g
栄養成分
(1袋当たり)
カロリー 160kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 9.2g
炭水化物 19.2g
食塩相当量 0.05g
(推定値)
原材料名砂糖
ココアバター
植物油脂
全粉乳
乳糖
水飴
ラムネシーズニング
キャンディチップ
脱脂粉乳
トレハロース
ソルビトール
酸味料
乳化剤(大豆由来)
香料(小麦・卵由来)
重曹
クチナシ着色料
炭酸ガス
使用する
アレルギー物質
小麦、卵、乳、大豆

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください